日常使いは難しいかも?!マーシュフィールドのファンデレビュー

皆さん、こんにちは。

爽やか度アップアドバイザーの高橋です。

今回はYouTubeで話題のマーシュ・フィールドのベースメイクについて僕もレビューしてみました。

提供動画が多い中、僕のチャンネルはまだまだ育成中ですので自分でサンプルを取り寄せていますので割と率直な感想を述べさせていただきます。

さっそくレビュー動画をご覧ください。

いかがでしょうか。

少し見にくい箇所もあったかもしれませんが、マーシュフィールドのベースメイクは全体的に優秀な印象でした。

基本の使い方としてはベースカラー(インナーカラー)+クリームファンデという2色使いで濃い色ムラもキレイにカバーしていくようです。

ベースカラーは3色に用意されていて肌悩みに合わせてセレクトします。

03:レッド

茶・黒・青系のアザや色素沈着におすすめ

04:オレンジ

シミ・そばかす、クマ・くすみにおすすめ

14:ブラウン

白斑・色素脱失におすすめ

 

今回、僕は04のオレンジカラーを使用しました。

このインナーカラーは伸びもよく、乾くとピタッと密着して全く動きません。

実はこのレビューの日、別の仕事を終えた後、不覚にもソファで朝まで寝てしまったのですが、このインナーカラーだけは肌に残っているくらい化粧持ちはすごい印象でした。

(しっかりクレンジングするのをおすすめします。肌にとてもダメージを与えてしまいました。。)

04番のオレンジのインナーカラーは赤みを帯びたオレンジカラーで手持ちのファンデをつけるとオレンジ間が濃く出てくるので、インナーカラーのつけすぎには要注意です。

ただしカバー力は物凄いですね。

 

SCクリームファンデについて(インナーカラーの後につけるモノ)

このクリームファンデはとてもコックリしています。(ジャータイプの容器に入っていて付属のスパチュラで取るようです)

イメージでいうと舞台化粧用のドーランや、かなり固いスティックファンデーションをイメージしていただくといいでしょう。

もちろんカバー力はありますが、透明感はなくなるので化粧感が出てしまうのと肌のシワ感は強調されます。

色の展開は全7色展開になっていて、ピンク系とイエロー系でわかれているので選びやすいなと思いました。

一番使用感が良かった「マーシュフィールドカバーリングツイングファンデ」について

レビューの中で一番使用感が良かったのが、こちらのファンデです。

コンシーラーとファンデーションが同じコンパクトケースに入っていて、少量で薄く伸びながらカバーしてくれました。

スポンジに少量つけて顔全体をカバーできる感じで価格が2400円(税抜)なら、かなりコスパがいいと感じます。

肌に大きな色むらがあまりない人だと1シーズンくらいは持つのではないでしょうかっていう印象でした。

使い心地は練ファンデと一緒で、特別に汗・皮脂に強い印象はなかったですが大きくヨレることもありません。

日常使いは難しいかも?マーシュフィールドのクリームファンデ

全体的にカバー力は優秀で実力もあると思いますが僕にとって日常的に使うには少しテクスチャが重く感じました。

テクスチャが重いというのは、カバーできるのと引き換えに仕上がりが舞台メイクのようながっつりメイクになってしまうということです。

またクレンジングもしっかりしないといけないので肌への負担についても少し不安な部分がありました。

マーシュ・フィールドさんのコンセプトにあった素晴らしい商品だとは思うのですが、メンズメイクで使うとなると化粧感が半端なくなるのと透明感など一切消えてしまうので今回僕は購入を断念しています。

ですが濃いアザや色素沈着に悩んでいる人にとって重宝するアイテムであるのは間違いないでしょう。

ぜひ今回も記事をお買い物の参考にしてみてください。

ではまた次回の記事もお楽しみに!

【Twitterもご覧ください▶爽やか度アップアドバイザー@タカハシ氏

※少しでも興味深いと思って頂けましたらイイねボタン・シェアをお願いいたします!

フルサイズ 著者情報 決定