【メンズメイク】ナチュラルに肌荒れをカバーするための3つの工夫

みなさん、こんにちは!

爽やか度アップアドバイザーの高橋です。

今回は男性のための「ナチュラルベースメイク」の作り方について記事にしてみました。

メンズメイクをする理由の一つにニキビ跡やにきびなどの”肌荒れを隠したい”という気持ちを強く持っていらっしゃる方も少なくないはず。

でも、全てを完璧にカバーしようとすると、いつしか化粧が濃くなって周りから「逆に不衛生に見える…」なんて指摘をされてしまうかもしれません。

そこで、今回は厚塗りには見えないけど自然に色ムラや肌トラブルをカバーすることができる男性のためだけのベースメイク作りを僕独自の理論でご紹介いたします。

さっそく、解説動画をご覧ください。

いかかでしょうか。

このメイク法であれば、わざわざメイクのトータルバランスを整えなくてもベースメイクだけでメンズメイクを終わらせることができますね。

※本来はベースメイク(ファンデーション)だけで終わると化粧感が出るので眉を描き足したり、ノーズシャドウを入れて全体のバランスを整えていくことを推奨しています。

ナチュラルベースメイク作りのおさらい。

方法その①肌色と同じコンシーラー1本で気になる部分だけカバー

ニキビやニキビ跡など、気になる部分だけポイントでカバーしていきます。この時に意識するべきポイントは「完璧にカバーしよう」としないこと。

完全に消そうとすると、たちまち化粧感が出てしまい逆に肌が汚く見えてしまうこともあるでしょう。

その次にプレストパウダーやパウダーファンデーションをブラシにとり、顔全体に薄くつけていきます。

コンシーラーは油分の多いアイテムなので時間が経った時に皮脂と混ざり合って浮いてくることがありますが、最後に(プレストパウダーなどの)粉の化粧品を塗布することで化粧持ちをアップさせることができます。

 

方法その②スティックファンデでナチュラルベースを作る

方法その②はスティックファンデを使ったテクニックです。

”ファンデ”と聞くと誰もが「顔全体につけるもの」と意識するかと思いますがメンズメイクではそんなことはありません。

まずはスティックファンデを指にとり、頬の一番高い位置からつけ始めます。

その後、指に余ったファンデーションで気になるところをポンポンづけてください。ニキビ跡が濃い人の場合は、さらに上から適量を2度づけしていきましょう。

もうコレだけで肌は格段にキレイに見えているはずです。

 

方法その③リキッドコンシーラーで自然なベースメイク作り

メンズメイクのベース作りで以外にも活躍してくれるのがリキッドコンシーラー。

リキッドコンシーラーはうす付きでカバー力のあるものが多いです。

既存の化粧品の中で男性に向けたベースメイク品を開発するとしたら、僕はまず、リキッドコンシーラーから作り始めるかもしれません。

そのくらいリキッドコンシーラーは男性にとって扱いやすい製品といえるでしょう。

手順として、まず初めに頬の三角ゾーンにリキッドコンシーラーをつけて薄くカバーしていきます。

その際、小鼻横の毛穴の部分は厚塗りをしないように注意してください。

(毛穴が開いている箇所に化粧料をたくさんつけると塗った感がアップします)

リキッドコンシーラーが頬全体に馴染んだら、指に余ったコンシーラーを色ムラの気になる箇所にON。

濃いニキビ跡などがある場合は再度、手の甲にリキッドコンシーラーを出し、タップするように二度づけしてみてください。

※マブタや額などにも薄くリキッドコンシーラーを塗布することで顔全体のスキントーンを合わせることができます。

バレないメンズメイクは、化粧品の扱い方ひとつで再現できる。

メンズメイクのナチュラルな肌作り(ベースメイク)について、なんとなくイメージはつかめましたか?

本来、ベースメイクというのは眉毛やアイメイク、シェーディング(顔の影)を付け加えることで完成するメイクステップです。

しかし、今回ご紹介した方法であれば、必要最低限の部分にだけ化粧料を重ねることで素肌感を残しながら粗だけを都合よくぼかすことができるのでメイク初心者さんでも安心してトライして頂けるのではないでしょうか。

ぜひ、メンズメイクで自分のコンプレクスを打ち消してみてください。

ではまた次回の記事もお楽しみに!

【Twitterもご覧ください▶爽やか度アップアドバイザー@タカハシ氏

※少しでも興味深いと思って頂けましたらイイねボタン・シェアをお願いいたします!

フルサイズ 著者情報 決定