【メンズでも眉を描きたい!】眉メイクアイテムの種類と特徴。

メンズ美容をもっと身近に感じてもらうためにメンズコスメブランドを立ち上げて活動中。

爽やか度アップアドバイザーのタカハシです。

今回の記事は眉のメイクアイテムについて。

僕のメイク記事でもよく出てくる「アイブロウパウダー」というキーワードですが、初めて耳にする方もいらっしゃいますねよ。

アイブロウとは眉を指す言葉でメンズにとって印象を大きく左右するポイントです。

眉メイクアイテムを使用することで爽やかさやイケメン度は格段に上がるので撮影の際には必ず、モデルさんにアイブロウメイクを施します。

イケメンを作りだすには必要不可欠な眉メイク品の種類と、その特徴をご紹介いたしましょう。

眉メイクアイテムの種類と特徴

■パウダー

特徴:柔らかい線を出せる。眉全体を仕上げる時に使用する。

仕上がり:ナチュラル

メリット:自然な眉作りが可能

デメリット:慣れるまで少し難しく感じることも。摩擦に弱い。

 

■ペンシル

特徴:はっきりした線で描ける。眉全体に使ったり毛の無い部分だけに描き足す時だけ使用する。

仕上がり:ハッキリとした

メリット:手軽に眉の形を出せる

デメリット:いかにも描きました!という眉になることも。皮脂や摩擦に弱い。

 

■リキッドペン

特徴:クッキリした線が出る。眉の底辺や眉尻を描き足す時に使用することが多い。

仕上がり:ナチュラル

メリット:汗や皮脂に強い

デメリット:眉全体に使用するとシールを貼ったようなベタ眉になる

 

■眉マスカラ

特徴:眉の毛量を軽く見せることができる。

 

 

■スクリューブラシ

特徴:眉についたメイク料をキレイにぼかしてくれる。眉を描き終えた後に毛流れに合わせてブラシを動かすと肌に溶け込んだような自然な眉になる。

 

 

眉メイクの色はどう選ぶ?

メンズが眉メイクをする上で最も重要視したいのは「ナチュラルさ」ですよね。

いかにも描きました!という主張の激しい眉では外へ出歩くのが恥ずかしいこともあるでしょう。

メイク学での眉の色選びは髪色と瞳の中間色を選ぶのが基本となっています。

しかし、メンズの場合はアイメイクなどを行わない分、基本の色選びだけでは眉が少し濃く見えてしまうことも。

下記の写真を見比べて見てみましょう。

左は基本の色選びである「髪色と瞳の色の中間色」のアイブロウアイテムを使用した場合で、右はその上からワントーン明るめの「眉マスカラ」を使用した場合です。

右図の方がより自然に馴染んでいるように見えませんか?

このよに不自然に見せないためにも眉パウダーは基本の色選びよりもワントーン淡い色を選ぶか、基本の色で描いた後に明るめの眉マスカラを塗布するのがオススメです。

 

<髪色に合わせた色選び>

※①アイブロウパウダー・ペンシル・リキッドペンの色/②眉マスカラの色

黒髪の人…①グレー(左)②ダークブラウン(右)

茶髪の人…①ダークブラウン(左)②ライトブラウン(右)

金髪の人…①ライトブラウン(左)②ブリーチブラウン(右)

上図は僕が実際に現場で選ぶ時の色を画像で作ってみました。

店頭で眉メイクアイテムを選ぶ際は参考にしてみてくださいね。

(眉マスカラは絶対に使わなければいけないものではありません。)

自眉に合わせた眉メイク品の選び方

 

【毛量がしっかりしている人】

■使用アイテム

  • 眉パウダー
  • 眉マスカラ
  • スクリューブラシ

眉の穴が開いた部分だけパウダーをつけて埋めていきます。

最後に眉マスカラを軽く重ねて眉の印象を薄めればOK。

 

【薄眉/ほとんどない人】

■使用アイテム

  • 眉パウダー
  • ペンシル
  • スクリューブラシ

まず全体のカタチを眉パウダーで縁取ります。

その後、ペンシルを使って眉のアンダーラインと眉尻をハッキリした線で描きスクリューブラシでぼかせばイケメン眉に。

 

【細眉/剃りすぎた人】

■使用アイテム

  • 眉パウダー
  • ペンシル
  • 眉マスカラ
  • スクリューブラシ

眉パウダーで足りない部分を描き足して、更にペンシルでなぞります。

眉マスカラを全体につけ、ペンシルの濃さを薄めていきましょう。

最後はブラシを使用することも忘れずに!

 

【眉がマバラな人】

■使用アイテム

  • 眉ペンシル
  • 眉マスカラ
  • スクリューブラシ

眉ペンシルを使って、毛の無い部分を埋めます。さらに眉のアンダーラインを直線的に描いて眉の輪郭を整えるとマバラ感が解消されるでしょう。

ペンシルを使用した場合は、線がハッキリでるので眉マスカラで眉の印象を薄めます。

 

<眉メイクを始めてみたい方へのワンポイントアドバイス>

 

眉メイク初心者の方は、ひとまず眉パウダーから始めてみるのがいいでしょう。

一見、ペンシルタイプの方が鉛筆を使うようで簡単に思えますが、濃く仕上がってしまうので要注意。

形を大きく変えたい場合を除き、アイブロウパウダーでまずは毛の無い分から描き足し、眉マスカラでぼかすだけで印象を大きく変えることができます。

眉メイクアイテムを上手く活用して爽やかイケメンに!

アイブロウのメイクアイテムについて理解できましたか?

眉は男性の顔印象を大きく左右するパーツでもあるので、メイク品を使ってイメージを変えていきたいものですね。

<アイブロウメイクアイテムのまとめ>

  1. 初心者はアイブロウパウダーを使う
  2. 眉を描き終えたら、スクリューブラシでぼかす
  3. 眉マスカラをプラスするとより自然な眉を作れる

眉の形やお手入れの仕方についても過去に記事を書いているので是非ご覧ください→男性の眉問題!その眉が原因でナルシストだと思われているかも。

ではまた次回の記事もお楽しみに!

【Twitterもご覧ください▶爽やか度アップアドバイザー@タカハシ氏

※少しでも興味深いと思って頂けましたらイイねボタン・シェアをお願いいたします!

フルサイズ 著者情報 決定

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です