【メンズコスメ】ザスのコンシーラーで色ムラをカバーしてみた。

みなさん、こんにちは!

爽やか度アップアドバイザーの高橋です。

今回はメンズコスメでも比較的、長いブランド「ZASコスメティックの1発即効カバーメンズ用コンシーラー」をレビューしてみました。

男性の清潔感を向上させるためにメンズ用のメイク品も販売しているブランドのコンシーラーの実力はいかに!

さっそくレビュー動画をご覧ください。

ザスのチップオンコンシーラーはどんな時に使う?

ザスコスメティックの「1発即効カバーメンズ用コンシーラー」はクリームコンシーラーに近い質感です。

コンシーラーの種類についてコチラの記事をご覧ください▶どれも同じと思ってない?コンシーラーの種類と特徴をまとめました。

素肌に塗布する際はスキンケアや化粧下地をつけた後の肌に使用しましょう。

またベースメイクを普段から行っている方は以下の使用タイミングを参考にしてみてください。

液状タイプ(リキッドやBBクリーム)のファンデーション▶ファンデの後

パウダータイプのファンデーション▶ファンデの前

ザスのチップオンコンシーラーは、ねっとりとした質感なので上からフィニッシングパウダーを重ねることをおすすめします。(メーカーが推奨しているわけではありません。)

 詳しい使用感想について

ブランド名:ZAS COSMETIC(ザス コスメティック)

商品名:1発即効カバーメンズ用コンシーラー

色:一色のみ

価格:0.8g・¥2484(税込)

【商品特徴】

・あざ・シミ・クマを簡単カバー

・眉毛の青みやヒゲ剃り後の青み隠しにも効果あり

・チップオンタイプ(容器の先にチップが付属)なので手が汚れにくい

・石鹸で落ちる

ブログでは以下の項目に沿って感想を記述するので是非参考にしてみてくださいね!(肌につけた時の使用感想については動画でレビューしていますので動画もご覧ください。)

白浮き度(色味について)

白浮きはしませんが、つけたては若干グレーっぽい肌になる印象です。

しっかり伸ばしていくとオレンジっぽい色に変化して肌に馴染んでいくでしょう。
ただし、顔料を伸ばさないとグレーベージュ(ピンク味より)で肌がくすんだ印象になるので要注意。

肌の黄みが強い方、肌が白い人は使いこなすのに一苦労するかもしれません。

肌への負担感

負担感は特にありません。

クレンジングを使用しなくてもW洗顔で落ちました。

カバー力

カバー力は割と高めです!

最初に塗布した箇所にカバー力が集中し、指でぼかしてもカバー力がずっと維持されている印象でした。

濃い色ムラでも、こってりとカバーできそうですが、目元や口元など表情筋がよく動くところには使用を控えた方がいいでしょう。(薄く塗布しても、かなり厚ぼったい印象になります。)

伸び

メーカーいわく油分を含んでいないそうで、テクスチャも比較的こってりしているためスルスル伸びる感じではありません。

ただしコンシーラーは、あまり伸ばすものではないので伸びが極端に悪くなければ全然大丈夫。

そう言った点で、ザスのコンシーラーは伸びが特別悪いという印象はなかったです。

化粧持ち

化粧持ちも悪いという印象はありませんでしたがオイリー肌の僕だと4時間くらいで浮いてきます。

油浮きをしても顔料はしっかり定着しているので普通肌さんであれば8時間くらいはヨレずに肌に密着してくれているでしょう。

コスパ

コンシーラーのカバー力や使用感を加味しても0.8gで2484円はかなり高級だと感じます。

またチップオン容器の出し入れの回数が増えるにつれ、接合部分にコンシーラーの顔料がはみ出てきて手が汚れてしまったりする部分も少し気になりました…。

色味も独特で時間が経つごとにグレー味が増して肌から浮いてくる印象でしたので、それらを加味すると僕は薬局などで販売されているコンシーラーで十分かなと感じました。(あくまでも個人的な意見ですが…)

総評

男性の肌色に合わせて開発しているのは伝わってきましたが、メイク初心者さんには使いこなす事が、かなり難しいコンシーラーという印象です。

使用感想を全体的にまとめると

■色味が若干くすんで見える

■色白の男性には不向き

■容量が少ないのでポイントカバーのみに使用するのがおすすめ

■コンシーラーとしてのテクスチャは優秀

■クマ用カバーとしての使用はオススメしない

メーカーと真逆の事を言ってしまって大変心苦しいのですが、チップオンコンシーラーはメイク初心者さんには少し難しい仕様かもしれません。

なぜなら一回にチップについてくる量が決まっている容器だったとしても、中身がコッテリした顔料であれば必要以上に付着して出てくるからです。

メイクになれていない方が使うと厚塗り感のある仕上がりになるかもしれません。

ではまた次回の記事もお楽しみに!

【Twitterもご覧ください▶爽やか度アップアドバイザー@タカハシ氏

※少しでも興味深いと思って頂けましたらイイねボタン・シェアをお願いいたします!

フルサイズ 著者情報 決定